ふるさと21株式会社は、HONEST FOOD & DESIGNのパートナーです。




ふるさと21は、真に安全で安心できる生産物を皆さまにお届けしています。

赤とんぼの激減が大きな課題に
赤とんぼは日本の水田文化と共に育ってきました。農薬や化学肥料で生物の住めない田畑の環境が増え、ふるさとの大切なものが失われていこうとしています。 私たちは、ふるさとの環境や作物本来のおいしさを、次世代の子どもたちに少しでも残していきたいと願っています。 現在、この赤とんぼを守れる米農家は0.5%(1000人に2~3人)にも満たない状況です。 ごく少数の農家がふるさとを守ろうと頑張っている事実を知っていただきたいと、ふるさと21は警鐘を鳴らしています。一般社団法人自然食ねっとも、その現状を打開するためにふるさと21から誕生しました。HONEST FOOD & DESIGNの活動は商品の販売だけではなく、その事実を多くの方に知っていただくために生産物や生産者のより詳しい情報を掲載しています。私たちの義務は安全で安心できる生産物を通じ、サスティナブルな社会の構築へ貢献することだと考えています。

健康な食について
スーパーに並んでいる作物はどのくらいの農薬が使われているかという事はあまり公表されていません。例えば、北海道で栽培する普通の農家さんがキュウリを育てる際の慣行回数は33回の農薬使用となっています。そのように全国の作物に国で定めた農薬の使用回数の基準がありますが、その存在を知っている消費者はごく一部の方のみだと思います。 ふるさと21はお客さまに、この現実を知って頂き、無農薬野菜を育てる生産者の大切さ、 農薬の恐ろしさ、自然農法栽培の安全性について考えてもらえたらと、第三者認証を取得した生産物を中心に全国の生産者さんから産地直送でお届けしています。

ふるさと21サイトへ